ドイツ語勉強なう!

ドイツとドイツ語について学ぶブログ

(コラム)私が知っているドイツ人の性格について

ヨーロッパの中にもさまざまな国がありますが、そのなかでドイツも有名な国のひとつです。ヨーロッパ各国の国民には、それぞれ特徴的な性格があると言われていますが、ドイツ人も日本人の私から見て特徴的だと思う面があります。それらは、以下のようなところです。まず、ドイツ人はとてもきれい好きだと思います。レストランに行っても、お皿などはピカピカに磨かれていることが多いと思います。また、ドイツの主婦も非常にきれい好きで、掃除もきちんとしている人が多いと思います。日本では掃除と言いますと、まずほうきなどで掃いてホコリやゴミを取ることを考えると思いますが、ドイツ人は掃除において「磨く」ということを重視しているようです。そのため、台所の水道の蛇口なども、ピカピカに磨かれていることが多いと思います。また、ドイツ人は非常に論理的だと思います。ドイツ観念論哲学など、ドイツで哲学が発展したことも、納得できるような気がします。日本の刑法はドイツ刑法の影響が強いと言われていますが、そのために日本の刑法は非常に論理的で難解なものになっていると思います。さらに、やはりドイツはキリスト教の影響が強い国だと思います。そのようなことは、ドイツ文学を読んでいますとよく理解できます。ゲーテの詩などにも、キリスト教の思想がよく表れています。また、ドイツ人はどちらかと言いますと性格が暗い人が多いような気がします。話の仕方も、暗くて少し怖い感じがする人までいると思います。私がドイツ語のカセットテープを自宅の部屋で聞いていた時に、英語のカセットテープを聞いていた時には吠えなかった飼い犬(トイプードル)が、おびえて吠え始めたことがあります。しかし、そのような暗い感じが、また独特の雰囲気があって良いのではないかと思っています。以上が、私が知っているドイツ人の性格についてです。(バウムクーヘン)※バウムクーヘンさまよりコラムを寄稿していだきました。 なお、当ブログでは記事を寄稿していただける方を募集中です。